水に溶けるものが原因でトイレがつまった場合は、お湯が効果あるかも!?

お湯の温度には要注意

トイレがつまった際にラバーカップがなく、近隣で借りることも不可能な場合、業者に来てもらうしか解決方法がないと考える人は多いでしょう。早めに解決するには多少お金がかかってもその方がトイレの今後のためにも安心できますが、つまった物がトイレットペーパーのかたまりなど明らかに水に溶けるものであれば、お湯を便器に流し込む方法が有効な場合もあります。お湯によってつまった物をふやかして流れやすいようにする方法ですが、お湯といっても温度に気を付けなければ便器を破損してしまう恐れがありますのでその点は注意が必要です。使用するお湯の温度は40度から60度が適温で、沸騰したてのお湯を入れてしまうと陶器製の便器にひびが入って便器交換というより大変な事態に発展しかねません。逆に40度より低すぎると肝心のつまった物が溶けにくくなるため、温度計で確認してから使うのが安心です。

お湯と共に重曹や酢も活用

40度から60度のお湯を便器に流し込む際、便器に溜まっている水をバケツなどに可能な限り汲み出してから行うことも大事なポイントの一つです。水が残ったままお湯を流してしまうとたちまち冷めて詰まった物を溶かす効果が低減してしまいますし、お湯を入れたことで便器から汚水があふれてしまった場合、床や壁にまで被害が及ぶ恐れがあります。また、詰まった物を溶かす効果をアップさせるために、お湯にプラスして重曹と酢を使う方法もあります。カップ4分の1ほどの重曹を便器に投入し、その直後にカップ2分の1程度の酢を注ぎ入れます。その上から便器の半分程度の量まで適温のお湯を入れて1時間ほど待ってから水を少しずつ流してみます。無事に流れた場合は詰まりが解消したことになりますが、やはり詰まったままという場合はそれ以上無理をせず、業者を呼んだ方が事態を悪化させずに済むでしょう。

© Copyright Solve Troubled Toilet. All Rights Reserved.