賃貸住宅であれば、自分でなおせないトイレつまりは管理会社へ連絡が大切

便器や排水管に問題があるなら管理会社に連絡をしないといけない

トイレがつまってしまった場合、まずは100円ショップなどで販売されているラバーカップを試してみましょう。そちらを使ってつまっている原因を引き出せたらつまりを解決できるかもしれません。ちなみに押し込むようにして使ってしまうと、さらにつまりが酷くなる場合があるので気を付けます。それでも駄目だった場合は業者を呼ぶことになりますが、賃貸物件に住んでいる場合はまずは管理会社に連絡しましょう。ラバーカップで解決しないのなら、便器や排水管に問題があるかもしれないからです。それらにトラブルがある場合は便座や配管を交換するなど、大がかりな作業が必要となるケースもあることから、管理会社に連絡して指示を仰ぐことは必須だと言えます。

管理会社に連絡するときの注意点

トイレつまりを解消したいと管理会社に連絡をするときに気をつけなければいけないのは、誰が業者への支払いをするかということです。つまりの程度によっては結構な費用が発生するケースもあるため、自身と管理会社のどちらが支払うかしっかりと話をしておきましょう。最初は管理会社が支払うといっても、最終的に負担を求めてくる場合もあるため、そのことも考えて念入りに確かめる必要があります。そして、自身が支払う場合は依頼する業者のことも確認しなければいけません。管理会社が手配する業者よりも安い業者があるかもしれないので、できることなら自身で手配すると伝えた方が良いでしょう。ただし、自身で頼む場合も業者の言う通りにするのではなく、きちんと見積もりをもらうことが大切です。

© Copyright Solve Troubled Toilet. All Rights Reserved.