トイレがつまって水が流れないという経験はありますか?一度経験したことのある人はわかると思いますが、水が流れないでトイレから溢れてしまいそうでとても焦りますよね。そんな困ったトイレつまりを解消する方法をここではご紹介します。

自分でトイレつまりをなおす方法

トイレットペーパーがつまっただけで、水位もさほど高くない場合は軽傷といえますので、まずは自分でなおしてみましょう。トイレつまりを自分でなおす方法を3つご紹介しますので試してみてください。水を何度も流すと溢れてしまったり、やりすぎるとトイレを傷つけてしまったりするので決して無理はしないようにしてください。

トイレットペーパーが原因でトイレがつまったのであれば、まずは1~2時間程放置がおすすめ

水に溶けるものが原因でトイレがつまった場合は、お湯が効果あるかも!?

トイレつまりを専門業者になおしてもらう時のポイント

賃貸住宅であれば、自分でなおせないトイレつまりは管理会社へ連絡が大切

トイレがつまってしまった場合、まずは100円ショップなどで販売されているラバーカップを試してみましょう。そちらを使ってつまっている原因を引き出せたらつまりを解決できるかもしれません。ちなみに押し込…

Read More

優良業者に依頼するために、トイレつまり専門業者の口コミをチェック!

トイレがつまった場合は日常生活に支障が出るため、早急に専門業者に修理を任せることが重要となります。初めて専門業者を利用する場合には、優良業者を見極めるポイントが分からなかったり、修理代金の相場を把…

Read More

高額請求のリスク回避!トイレつまりの専門業者には必ず見積もりをとる

自宅でも必ず使用するトイレにつまりが発生した際は、自分で解決するよりも専門業者に修理を依頼するのがベストです。手を加えることで状況が悪化する可能性がありますし、お金を支払うことにはなるものの、専門…

Read More

昔からある、トイレがつまったときの対処法!ラバーカップ、通称スッポン

洋式用と和式用の違いもある!

ラバーカップと言えば、多くの人におなじみのアイテムではないでしょうか。特に学校や職場で見かけることが多いはずです。トイレつまりの時に大きく活躍することで知られますが、意外にもその正確な使い方を知っている人は少ないかもしれません。誤った使い方をすると取り返しのつかない事態にもなりかねませんので、正しい使い方を身につけておきましょう。そもそも、ラバーカップには洋式用と和式用があります。「どちらでも大丈夫では?」という人もいるかもしれませんが、着実にトイレつまりを解消したいなら、洋式と和式でしっかりと使い分けた方が良いでしょう。それぞれの便器タイプに合わせてジャストフィットするように作られているからです。

ラバーカップは引いて使うこと!

ラバーカップを使ってトイレつまりを解決する際は、その力加減も重要です。やみくもに押したり引いたりしてしまうと、汚水が飛び散ったりなどの二次被害にも見舞われることになってしまいます。また、事態をより悪化させてしまえば、業者を呼ぶことになります。多くの人にとってラバーカップの取り扱いは不慣れでしょうから、ゆっくりと落ち着いて作業をすることが重要です。コツとしては、押すよりも引くことを意識しましょう。つまりの原因がトイレットペーパーであればやがて溶けますが、子供のおもちゃやタオルなどであれば引き出さない限り解決は難しい状況です。引くよりも押すことをメインにしてしまうと、余計に事態を悪化させてしまうでしょう。

© Copyright Solve Troubled Toilet. All Rights Reserved.